医療チーム

アトピーか否か

医者

咳等の症状を引き起こす喘息の原因は、人によって違います。
現在主な原因として考えられているのは、アレルゲンや感染症、運動や心理的要因、また大気の汚染等が挙げられています。

この中でもアレルゲンが大きな原因となっている喘息は、アトピー型喘息と言われています。
アトピー型喘息とは、患者のアレルゲン物質に接触したり、吸引してしまう事で、体内で作られるIGE抗体に反応する事で引き起こされる病気です。
この喘息は、比較的短時間で症状が起こる点が特徴的です。またアレルギーを引き起こすアレルゲン物質を特定する事が出来れば、症状の緩和や原因物資との接触を避ける等で予防する事が望めます。
アレルゲンとしては、ホコリやダニ等のハウスダストや、花粉やかび等が喘息を引き起こしやすいと言われています。

このアレルゲンが原因でない喘息の場合は、非アトピー型喘息になります。
こちらの喘息は、IGE抗体が検出されない事で非アトピー型だと診断する事が出来ます。
非アトピー型は、原因を特定する事が困難になるので、どのような場面で症状が起こるかわからないと言う点が怖いと言えます。

このように喘息には、アトピー型と非アトピー型があり、それぞれ原因や治療や投薬を含めた対策が違ってくるのです。

効果的な

薬とお金

喘息と言う病気の治療は、基本的に薬を用いる薬物療法が主流になります。
喘息に効果的な薬は、以下の2種類に分けられます。

まず1つは、喘息の症状の発作を抑える為に使われるコントローラーです。
これは長期管理薬とも言われ、服用する事で症状を発生しにくくしてくれる薬です。
この薬として使用されるのが、主にステロイドです。ステロイドは、抗炎症作用が含まれているので、気道の炎症を抑えてくれます。喘息は、気道の炎症を抑える事が出来れば、症状も発生しづらくなるので、発作の予防に大きな効果を期待する事が出来ます。
ステロイドは、内用薬だけではなく、点滴や吸入等の方法もあります。

そしてもう1つがリリーバーです。
これは発作治療薬とも呼ばれている物で、発作が突発的に起こった際に服用する事で、症状の緩和を狙う事が出来ます。
この薬はコントローラーと違って、長期間服用する物ではありません。その為、頓服薬としての側面が大きいと言えます。
リリーバーは、作用として気管を拡張する効果を期待出来ます。発作で狭まった気管を拡張する事で、咳等の症状の発生を抑える事ができ、呼吸も楽に行えるようにしてくれます。

このように喘息の治療には、コントローラーとリリーバーを使い分ける事が重要になってきます。
炎症をコントローラーで鎮めながら、発作が起こってしまった時にはリリーバーを服用する事で、喘息の苦しみを軽減する事が可能なのです。

他にも

葉っぱと薬

咳を引き起こしてしまう病気は、喘息以外にも幾つかあります。

その中でも注意しておきたいのが、咳喘息と言われる病気です。
この病気は、喘息と同じように気道が狭くなり、咳等の症状を引き起こす病気の1つです。風邪が治っても咳が収まらない場合や、呼吸を行いづらいと感じる場合は、この咳喘息の可能性があります。
咳喘息の原因は、幾つか挙げられます。主に原因と言われているのは、喘息と同じようなハウスダストや、室内外の温度差等です。また風邪と併発する事も少なくないので、風邪の症状で咳だけ治らない場合は、この咳喘息を疑うべきだと言えます。

咳喘息になると、まず空咳と言われる咳が続く事になります。空咳とは、たんが絡まない渇いた咳の事です。この咳が長期間続いている場合は、咳喘息である場合が多いのです。
また咳喘息になると、眠っている時間に激しい咳で起きてしまう場合や、温度差が激しい場所を行き交いする事で激しい咳が起きてしまいます。
またのどの渇きやいがいが感等の違和感を感じる事もあり、注意が必要です。
またこの咳喘息は、悪化してしまうと喘息になってしまいます。その為、悪化する前に治療や投薬等で適正な対策を行う事が必要になるのです。

このように咳と言う症状を伴う病気は、喘息以外にも存在します。
風邪が治ったのに咳が続く場合は、この咳喘息を疑った方が良いかもしれません。